【個人として、また企業としての関わり方】

 

大日本報徳社は、二宮尊徳の「報徳」を現代につなげ、道徳と経済の調和した社会を目指す全国組織の本社です。

国の重要文化財である大講堂を始め、明治期を中心に建てられた仰徳記念館・仰徳学寮・冀北学舎等の見学が可能です。

また、貸室、研修会、月刊誌『報徳』の発行、また関連資料を後世につなげていくため「報徳文化研究所」の準備も

進めています。

現代において、私たちができる報徳の実践活動にぜひご参加下さい。

 

①ご入会いただく

  ・個人社員 年会費10,000円

  ・企業社員 年会費30,000円       

  

  ※詳細はこちら

 

②月刊誌を購読する

  ・年間購読料 4,800円(消費税、送料込み)

  

  ※詳細はこちら

 

③ご寄付(推譲)をする

  

  ※詳細はこちら

 


  大日本報徳社正門(道徳門と経済門)                  月刊誌『報徳』                      資料整理途中の岡田家文書など

                                                                 (「報徳文化研究所」資料)