月刊誌:生活と文化の研究誌『報徳』

『報徳』は、明治35年に創刊された月刊誌です。

(B5サイズ、48ページ)

 

【内容】

・毎月、報徳に関わる様々な切り口で特集を組み、研究者や会員の皆様にご寄稿を

 いただいています。

・全国各地の報徳運動の様子をご紹介。

・評論、エッセイ、紀行、小説などの連載ものもあります。

・大日本報徳社第9代鷲山恭彦社長(元東京学芸大学学長)の巻頭言を毎月掲載しています。

 

■年間購読料 4,800円(消費税、送料込み)

■1冊の購入も可(別途、送料がかかります)

 

■申し込み方法

 【お問合わせページ】のメールにて「部数、送り先住所、氏名、電話番号など」をご連絡下さい。

   追って事務局からご連絡いたします。

 

 

最新号のご紹介

 

2021年10月号

特集:日本発の恐慌を阻止せよ

   ―金融危機との対決ー

   『平成金融危機ー初代金融再生委員長の回顧録ー』

    の舞台裏

     柳澤伯夫氏(初代金融再生委員長)インタビュー


バックナンバー

(2021年)

(2020年)