■関連書籍の販売

大日本報徳社では、「二宮尊徳」「報徳」「報徳社」等に関連する書籍を販売しています。
書籍の郵送も行っていますので、「お問合せフォーム」からお問合せ下さい。

 


『二宮金次郎の一生』
著者 三戸岡道夫
栄光出版社 平成14年
定価 1,900円
四六判 530頁

 

16歳で一家離散し、働きながら学んだ少年が、幕臣となって破産寸前の藩を次々と再建し、人々に生きる希望と喜びを与え続けた。日本人の精神的支柱、金次郎の波乱万丈の生涯を綴る。


『二宮金次郎から学んだ情熱の経営』
編者 三戸岡道夫
栄光出版社 平成22年
定価 1,400円
四六判 241頁


『二宮金次郎と13人の世界人』
編 三戸岡道夫
栄光出版社 平成16年
定価 1,400円
四六判 268頁


『二宮金次郎71の提言』
三戸岡道夫著
栄光出版社 平成20年
定価 1,300円
90頁


『よみがえる二宮金次郎 ―報徳思想の再評価とその可能性―』
榛村純一著
清文社 1998年
定価 1,600円
四六判 268頁


『報徳ライフのすすめ』
著者 榛村純一
清文社 2011年
定価1,800円
四六判 244頁


『地方分権のまちづくり、人づくり』
著者 榛村純一
文藝春秋 2014年
定価 1,600円
四六判 317頁


『冀北の人 岡田良一郎』
著者 三戸岡道夫
栄光出版社 平成11年
定価 1,500円
四六判 288頁


『道徳イノベーション 二宮金次郎の教え』
三戸岡道夫・鯨游海著
栄光出版社 平成19年
定価1,500円
147頁


『二宮金次郎の人間性』
著者 小関栄
大日本報徳社 平成28年
定価 1,400円
四六判 213頁


『二宮尊徳の教え「報徳」とそれを広めた人たち』
著者 小関栄
大日本報徳社 平成27年
定価 1,400円
四六判 231頁


『二宮金次郎から学ぶ生活と経済と人間関係』
著者 小関栄
大日本報徳社 平成25年
定価 1,400円
四六判 256頁


『小笠報徳三人衆』
堀内良著
大日本報徳社 平成20年
定価 1,400円
300頁


『まんが 二宮金次郎』
笠原一男監修
集英社 1985年
定価 900円
菊判 141頁


『なるほどなっとく金次郎さん』
三戸岡道夫監修
掛川市教育委員会 昭和63年
定価 510円
65頁


『ほうとく二宮金次郎』
著者 太田南圃
大日本報徳社 昭和14年
定価 200円
B6判 62頁


『童話 二宮金次郎の一生』
大日本報徳社 平成21年
著者 森実与子
定価 200円
A5判 62頁


『機関誌「報徳」』
大日本報徳社 明治35年創刊 毎月1回発行
定価 300円


『報徳全書(全10巻)』
発行 一円融合会
定価 各冊790円
   ケース入りセット10冊 新書版7,710円

 

 

 


1『補注 報徳記(上)』
2『補注 報徳記(下)』
富田高慶著・佐々井典比古訳注

3『報徳文献選集』
二宮尊徳原著・佐々井信太郎訳注

4『報徳生活の原理と方法 ―平和に生きる道―』
佐々井信太郎著

5『訳注 二宮先生語録(上)』
6『訳注 二宮先生語録(下) 報徳外記』
斎藤高行著・佐々井典比古訳注

7『報徳仕法史』
宮西一積著

8『訳注 二宮翁夜話(上)』
9『訳注 二宮翁夜話(下) 富国捷径(抄)』
福住正兄著・佐々井典比古訳注

10『解説 二宮先生道歌選』
佐々井信太郎著

 

お土産


 

ただいま準備中です。