初代 岡田佐平治

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2代 岡田良一郎

 

 

 

 

 

 

 

3代 岡田良平

 

 

 

 

 

 

 

4代 一木喜徳郎


 

 

 

 

 

 

 

5代 河井彌八

 

 

 

 

 

 

 

 

6代 戸塚九一郎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7代 神谷慶治

 

 

 

 

 

 

 

8代 榛村純一

 


歴代社長名

(生年月日)

①就任年月日(年齢)

② 没年月日(年齢)

社長在任期間 主 要 公 職 歴 報徳社主要業績

初代 

岡田佐平治 (1812

文化9、7、10)

①1875

明治8,11,12(63)

②1878

明治11、3、3

(66)

1875

明治8、11、12

(63才)

1876

明治9、4、20

(63才)

1840(天保11)

大庄屋として掛川藩御用達となる。

1853(嘉永元、12)

乙星耕地報徳社創設

1863(文久3、8)

安居院庄七没後、遠州報徳社統率

1875(明治8、11)遠江国報徳社初代社長・常会開催

1848(嘉永元)

安居院義道につき報徳に入る。

1853(嘉永6、9)

遠州7人衆として二宮尊徳から直接指導を受ける(日光桜秀坊)  

2代

岡田良一郎

(1839

天保10、10、21)

 

①1876明治9、4、20

(36)

②1915大正4、1、1

(75)

 1876

明治9、4、20

(36)

1912

明治45、1、29

(72)

 

 1876(M9)

遠江国報徳社2代目社長
1876(M9)

静岡県議会議長 
1890(M23)

衆議院議員(~M25.2)
1892(M25)

掛川信用組合理事長

1854(安政元)から4年間

二宮塾で報徳修業
二宮尊徳四大門人の一人
1877(M10)

冀北学舎設立 

(7年間自宅に開設) 
1878(M11)

掛川農学社設立
1903(M36.4)

掛川町第三館公会堂(現大講堂)建立
1907(M40.4.8)

戦勝観世音を建立
1911(M44)

大日本報徳社に改称

3代
岡田良平

(1864

元治元、5、4)

 

①1912

明治45,1,29(47)
②1934

昭和9,3,23(69)

 1912

M45、1、29(47)

1934S9、3、23

(69)

1904(M37)

貴族院議員

1907(M40)

京都帝大総長 
1912(M45)

大日本報徳社第3代目社長
1916(T5・T13)

文部大臣(S2.4までに2回)
1929(S4)

枢密院顧問官
1934(S9)

勲一等旭日桐花大授章

大正13年4月

掛川町第三館公民館二宮神社前で報徳8団体大合同式
昭和2年

淡山翁記念報徳図書館建立
昭和5年

今上天皇陛下本社に行幸

4代
一木喜徳郎
(1867

慶応3、4、4)

①1934

昭和9,4,27(67)
 
②1944

昭和19、12、17(77)

 1934

S9、4、27(67)

1944S19、12、17(77)
(在任10.08年)

文部(T3.4)、内務(T4.8)、

宮内(T14.3)各大臣
枢密院議長(S9.5)
貴族院議員(M33.9)
S19男爵
S9大日本報徳社第4代目社長

 1935(S10)

二宮尊徳翁80年祭・創立60周年
1937(S12・S13)

宮内省から仰徳記念館・学寮を下賜
1939(S14)

国民精神総動員報徳式指導者講習会

5代
河井彌八
(1877

明治10、10、24)

①1945

昭和20,2,27(67)
 
②1960

昭和35,7,21(82)

 1945

昭和20、2、27

(67)

1960

昭和35、7、21

(82)
(在任15.05年)

貴族院議員(S13.1)
全国治水砂防協会理事長(S22.1)
参議院議長(S28.5)
文化財保護委員長(S31)
S20大日本報徳社第5代目社長(同副社長S13)

戦中・戦後の食糧増産運動に挺身

(甘藷増産・甘藷救国)

報徳農学塾(報徳学園)

開設

6代
戸塚九一郎
(1891

明治24、8、7)

①1961

昭和36,6,24(70)
 
②1973昭和48,10,13(82)

1961

昭和36、6、24

(70)

1973

昭和48、10、13

(82)
(在任12.04年)

徳島・山口・宮城・各知事
衆議院議員(S27.10)
労働大臣(S27.10)

建設大臣(S28.2)
S36大日本報徳社第6代目社長

倉真に報徳神社建立
報徳婦人大会結成

(小田原二宮神社)
(昭和45年)
報徳大学講座開催

後継者養成

7代
神谷慶治
(1905

明治38、4、2)

①1973

昭和49,2,27(68)
 
②1998

平成10,10,26(93)

1973

昭和49、2、27

(68)

1998

平成10、10、26

(93)
(在任25.08年)

東大教授(S23.7)
東大農学部長(S37.11)
東大名誉教授
東京農業大学教授
S48大日本報徳社第7代目社長

1947(S22~)

報徳農学塾の経営
1975(S50)

二宮尊徳翁120年祭
報徳大学校設立(S62)
1987(S62)

二宮尊徳翁生誕200年記念報徳大会
1987(S62)

新幹線新駅北に二宮金治郎像を建立

8代
榛村純一
(1934

昭和9、7、12)

①2001

平成13,12,10(67)

2001

平成13、12、10

(67)

現在

S52~H17掛川市長(7期)
県監査委員

県森林組合連合会会長
国土審議委員   

(財)森とむらの会理事長
H13大日本報徳社第8代目社長
旭日中綬章受賞 H18,11
静岡県茶業会議所会頭

日本茶業中央会会長H23.7

報徳社建物群調査

市・県文化財指定(H10)

報徳図書館修復工事

(H13公開)
大講堂修復事業(H16.10~H19,12予定)
報徳サミット提唱

(S63・H8から19回)
個人社員1000人運動

報徳運動方針3ヵ年計画
仰徳記念館・仰徳学寮・冀北学舎修復事業(H24.3~25.4)